スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己利益

20131109001006.jpg






おっ、そうだな(適当)


今回はタイトルの通り自分への利益の話。


ブログ書きてえしなんかネタねーかなー
って思いながらTwitter見てたら、なんだか巻き戻しがどーたらこーたらとかいう話題になってて、ちょうどいいかなーって思った次第です。

(前にもこんな記事書いたような気がしなくもないんですけど・・・)

まあそんなことはどうでもいいとして、
一口にデュエルマスターズの試合って言っても、たくさんの場面があると思うんですよ。
例えば
・DR(デュエルロード)
・非公認大会(CSなど)
・公式大会
・友人たちとのフリー対戦
などなど
探したらまだありそうですよね。

で、まあ基本的に友人たちとのフリー対戦で巻き戻しをとやかく言う人は少ないですよね。
少なくとも僕は言ってくる人はめんどくさくて関わりたくないです・へ・

でも大会とかってもちろん勝つために出てると思うんですよ。
だから、相手のルールミスに対して、所謂ジャッジキルってものをしちゃえば自分の勝ちなわけです。
ジャッジキルで勝ったとしても、その勝ちってのは揺るがないわけで、それは自分にとっての利益になるわけですよ。

ここからは完全に自分の偏見なんですけど、
前述した通り、ジャッジキルをして勝利しても、勝ちは勝ちです。
それに対しての文句は欠片もないです。
ただ、僕は巻き戻せる範囲であるなら、巻き戻しをさせるのが1番じゃないかって思ってます。
たとえそれで負けたとしてもそれが経験になって利益になるわけですから。


あと、巻き戻せる範囲ってのは非公開領域に触れているか触れていないかだと思ってます。
非公開領域に触れていなければ巻き戻すことが可能ですし(多分)


こんな文書いてもほとんど意味がないので、最後にこの前使ってたトリガービート貼っときます。

『トリガービート』
トリガービート
4 x ピュアランダース
4 x 超次元サプライズ・ホール
3 x 天武の精霊ライトニング・キッド
1 x アポカリプス・デイ
3 x DNA・スパーク
2 x 停滞の影タイム・トリッパー
4 x デーモン・ハンド
3 x 地獄門デス・ゲート
4 x 終末の時計 ザ・クロック
4 x セブ・コアクマン
4 x アクア・サーファー
4 x 超次元ブルーホワイト・ホール
1 x 時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード
1 x アルプスの使徒メリーアン/豪遊!セイント・シャン・メリー
2 x イオの伝道師ガガ・パックン/貪欲バリバリ・パックンガー
1 x 時空の戦猫シンカイヤヌス/時空の戦猫ヤヌスグレンオー
2 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 時空の魔陣オーフレイム/破壊陣の覚醒者オーフレイヤー


いろんなデッキと接戦に持ち込めておもしろいですよヽ(´▽`)/

ではでは。
スポンサーサイト

テーマ : デュエルマスターズ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。