スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分なりのデッキの考え方

暇なのでなんとなーく
需要もなにも関係ない自分の考えを連ねる駄文なので文章になるかも分かりませんのでご了承を。



デッキタイプを選ぶ上での優先事項

第一になるのはモチベからですよね。
ここから全てが始まると言っても過言ではないですね。
「どうしてこんなデッキを練ってるの?」って聞かれても大抵は「気分が乗ったから」とか「そこにこれがあったから」とかそんな感じです。

そして次にくるのが好き嫌いですね。
「このデッキタイプが好き」だとか、「このカードが好きだからこのカードを主軸にして組んでみたい」だとかですかね。
これもかなり重要な要素になってくると思います。前述したモチベの話しにも関わってきますしね。
どれだけ強いデッキタイプであろうとも自分自身がそのデッキタイプは嫌いであったりすると、練ったりしていくのもくに感じたりすることもあると思います。
逆にそのデッキが苦手であったり嫌いであるからこそ、絶対に負けたくないと思い、そのデッキの研究をする方もいると思います。

最後にくるのが強さです。
強さと言っても意味合いがたくさんありますが、この場合はそのデッキタイプが今のメタゲームの中で対等に他のデッキタイプと戦えるかという意味合いです。
例えば自分が好きで使っているデッキが今のメタゲームの中で太刀打ちができないようなものだったとしましょう。そうした場合皆さんはどうするでしょうか?
僕ならばほぼ間違いなく違うデッキタイプを使用することを考えます。
もちろんそれでも「このデッキタイプを使い続ける!」と言う方もいらっしゃるでしょう。それも各個人の考え方ですので批判も反対もしません。
ここでは前者の話を主にしたいと思います。
僕自身の考えとして、「どうせやるのならば勝ちにいきたい」という思いがあります。
なので最近強さっていうものを最優先している感じがします。


デッキを制作する上での考え方

作るデッキタイプが固まったら、次にデッキの中身を考えていきます。
ここで大きく分けて二つのやり方があります。
・全くゼロの状態から作り出す
・他人のデッキを編集していく
僕はこの二つだと思います。そして二つについては長所も短所もあります。

まずは前者から。
前者はゼロから作り出さなければいけません。いわゆるデッキビルダーというやつでしょうか。
ゼロから考える故に、とても長い時間が必要となってしまいます。
僕は完全に後者の人間なので、こちら側の方たちをとても尊敬しています。

次に後者について。
正直悪く言ってしまえばパクっているってことなんですが、こちら側にも良さがありますね。
前者の方々が作ったデッキが完成形であるとは必ずしも言えません。
なので、実践や経験などを利用して、「強化していく」ということができるのがこちら側の利点というか長所ですね。

先ほども書きましたが僕は完全に後者なので、前者の人を尊敬していますし、感謝もしています。しかしどちらがすごいことをしているとか、そういうふうなことは僕が一概に言えることではないし、それを考えたところで無駄だと思います。


デッキの完成まで
デッキの完成と書きましたが、どこまでいけば「完成」と言えるのかっていうのがそれぞれに考えがあると思います。
僕は自分自身が納得のいく構築ができれば完成だと思っています。
しかし、自分の中で完成したデッキを持ち込んでCSに参加して、優勝したとすればそれは誰もが認める完成と言えるでしょうか?
こう書くとなんだか違うような気がしますね。なんにせよ、多くの人が参加している大会などで優勝できるということは、他人がどう思ったところで本人の中では完成した構築と言えると思います。
一旦完成したとしても、それが完全な構築とは言えません。だって自分自身の中で納得しただけなんですからね。
その完成させた構築を何度も何度も変えていくことが楽しみの一部だと思うので、その工程を繰り返すことが大事です。

前置きが長くなりましたが、デッキを完成させていく中でやっておくべきことが大きく分けて三つぐらいでしょうか。
・考察 ←
 ↓  |
・実践 |
 ↓  |
・反省→
僕はこの三つを繰り返し行っているつもりです。
つもりという表現を使ったのは、本当に言葉通りのことをしているか分からないからです。

考察
まずは、今のメタゲームなどを見て、それを考えた上で使えそうなカードをチョイスして、枚数を合わせていきます。
この際に一番気をつけているのは、試す前に一つに概念にとらわれないことです。
「これはこうだから入れてはいけない」だとかそのようなことです。
なにが言いたいかっていうと決め付けはよくないってことですね。
最終的には自分の中で分かってくると思うのでまずは試しましょう。

実践
一旦構築が完成したら、次に行うのが実践です。
大体先ほどの考察で考えたところに違いが見えてきたところでこの段階は終わります。
ここで問われるのがなんといっても「プレイング」なので、それがお粗末では実践の意味がありません。
やっていく中で掴めるものもあるので一戦一戦を考えながら大事にしていきましょう。

反省
実践し終わったら次は反省です。
実践の中でなにかしら見えてくるはずです。
「このカードはあまり役割を持てる場面がなかった」とか「この場面にこれがあったらよかった」などですね。
このような意見が自分の中で出てこなかったら実践が足りなかったということです。


といったような感じでこの三つの工程をずっと繰り返して、自分の納得のいくところまでやり続けます。
しかし、ある程度いったところで必ず割り切らなければいけない部分もでてきます。
割り切る部分は人によって全然違うと思うので、ここでは触れないでおきます。

これで”一旦”完成しました。
先ほども書きましたけど、完全な構築なんてないと自分は思っているので、何度も完成することを繰り返していくことが大事だと思います。






長くなりましたが、こんな感じです。
思ったことをだらだらと書き連ねただけなので、不適切な部分は山ほどあったと思います。

最後まで見てくださってありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。