スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新殿堂について

新殿堂についていろいろ書いていこうと思います。
まずはどんなカードが殿堂したのかを確認しましょう。

ホーガン・ブラスター
これはいろんなプレイヤーの人が望んでいたカードかと思います。
前回の殿堂で制限されたミラクルとミステリーの扉と一緒に採用されていたカードで、制限されたあとでも片方だけを採用したデッキタイプが猛威を奮っていました。
ホーガン・ブラスターと扉の違いは呪文を唱えられる点です。他にもいろいろな違いはありますが、使う上での違いはこれぐらいでしょう。
正直なところ前回の殿堂でホーガン・ブラスターも扉と一緒に殿堂させるべきだったと思います。
細かいところは割愛させてもらいますが、まず踏み倒しができる時点でよろしくない。なのにSTまでついているので厄介極まりないカードになっちゃってました。
なので今回の殿堂は若干遅かったかなーぐらいの感覚ですねー。

獰猛なる大地
これは個人的に「ん?」ってなった枠。
確かに獰猛ブラスターはCSでも結果を残しましたし、このカード自体も非常に強力な能力を持っています。
しかし規制するほどのカードかと考えると・・・。
僕はそうは思いませんでしたね・・・。
ついでに消えてしまった獰猛刃・・・?うっ・・・頭が痛い・・・。

アクア・メルゲ
まあこれはメルゲループの規制と見て間違いないでしょう。
たった二ヶ月ほどの命でしたが、非常に強いデッキで環境を大きく動かしました。
徐々にデッキが改良されていき、最終的には5000GTの投入によりさらに強化されていきました。
規制すべきなのは正直モールスだったと思うんですが・・・。
メルゲは次弾のアウトレイジとかなり噛み合いがよかったので、それを警戒しての殿堂ですかね・・・。

カモン・ピッピー
赤緑ギフト及びデアリガズギフト、またはえじまスパイダーなどのデッキが影響を受けた感じですかね。
3t目のギフトカモンミランダは非常に強力で、ミランダが規制されてからもずっと生き残っていました。
今回の殿堂で積むことができるのが合計2枚になってしまい、成功させれる可能性がグッと減ったはずなので多分これからの環境でみることは少なくなると思います。
一部で2tギフトショーブアイニーから3t勝利リュウセイができる。という話が流れていますが、正直ギフトカモンミランダとは強さが天と地ほどの差ができてしまうので、実践レベルになるのは難しいと思います。


長々と書きましたが、今回の殿堂は割といい感じだったんではないでしょうか。
僕は次の環境が楽しみでしかたないです・へ^

とりあえず上がってきそうなのは・・・
・黒緑次元
・ドロマーハンデス
・フォーミュラ
・鯱
・刃牙
・NX
・アウトレイジ?
・Λ?
・イエス?

とりあえず思いついたのがこれぐらいです。
なにか忘れてるものあったらすいません・へ・

僕も今デッキをもりもり考えてる最中なんで、みなさんも頑張りましょうね。

ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。