スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のDM事情

環境の考察。
まずは最近vaultの大会がないので環境とか全然わからないです・。・;

なので自分の独断と偏見で関西CSの結果から環境やメタを読んでいきたいと思います。

デッキの分布(3人以下は割愛)
56/102 ビッグマナ(白NX11、シータ10、刃鬼10、5色10、獰猛ブラスター4、黒NX4、獰猛3、猿2、アナカラー1、黒緑ゼニス1)
7/102 黒緑超次元
5/102 赤緑ギフト
4/102 オールイエス
4/102 黒緑速攻
4/102 アナカラーコントロール
4/102 マーシャル・クイーン

ベスト4
1位:緑青赤白ビッグマナ
2位:黒緑超次元
3位:黒緑超次元
4位:青野菜

こんな感じの結果です・・・。
参加した人6割近くがビッグマナというビッグマナ環境でしたね。
そして黒緑次元が7人と非常に少なかったようです・・・。メタが多い読みだったんでしょうか・・・。
その中でも上位に2人いるのでやっぱり強いデッキタイプなのでしょう。

1位だったsabakiさんの構築と解説を見るまでは、ビッグマナは黒緑次元に辛い印象を持っていたのですが、見てからだいぶ考えが変わりました。



ここから個人的な見解を書いていきます。

黒緑次元について
黒緑次元のテンプレの動きが2→4コス妨害→勝利リュウセイorキルキルの流れです。
ここで重要になってくるのが、相手のデッキタイプによって4コスの動きを考えるということです。
例えば同型相手ならロストマインドが一番刺さるかと思います。
要するに先行ならば、相手の2ターン目の行動までで相手のデッキタイプをできる限り見極めなければならないということです。
あと、ビートには比較的取りやすいかなと思ってます。
ファンクやミカド穴、などクリーチャー除去が豊富にあるためです。
相手先行でも一枚のSTで場がひっくり返せます、今回のベスト4のレシピはふたつともオチャッピィが採用してあるので、受けの弱さは軽減されてるかと思います。

ビッグマナについて
種類が多いので何とも言えませんが、今回はゼニス、ローゼス覇について。
とりあえずこの二つの同系戦は早くローゼスを出す勝負になります。
白を採用しているなら、ホワイトグリーンホールなどによる柔軟な動きができます。
黒を採用しているなら、ロストソウルやトリプルマウスなどで妨害を絡めながら動くことができます。
今回勝ち進んだのは白型ですが、どっちが強いかって言われると正直わかりません。
個人的には妨害札は握っておきたいので黒型の方が好きです。ヴィルヘルムも積めますしね。
でも勝っているのは白型なので自分の意見が合っているとはお世辞にも言えません。
ついでにいうと黒緑次元に対する強い札はお互いにあって、白ならばホワイトグリーンホール、黒ならばファンクとロストマインド。
実際ロストマインドを積んでる黒型は少ないのでファンクのみですかね。
なので白型は4ターン目に、黒型は5ターン目に妨害が可能です。
この1ターンの差がかなり大きいです。
ここは説明が半端なく長くなるので割愛させてもらいます。自分で考えてみてください。


自分の意見はこんな感じですね・・・。
参考になるかは分かりませんが、読んでくださった方ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。